ダンディハウスでの脱毛部位

ダンディハウスでの脱毛部位

 

ダンディハウスの脱毛はすべてに対応!

 

最近は男性も身だしなみとしてムダ毛の処理をするのが当たり前になり、男性専用の脱毛サロンも多くなってきました。

 

男性が脱毛する場合、女性ほど多くの部位を脱毛するのではなく、ひげや腕、胸など、ある程度、限られた部位の脱毛をすることがほとんどです。

 

 

そのため、男性専用脱毛サロンであっても、全身すべての部位の脱毛に対応しているとは限りません。

 

初めて脱毛サロンに行くという人は、そのサロンが、自分が脱毛したい部位に対応しているかをあらかじめ確認しておく必要があります。

 

単に、「値段が安い」とか、「会社から近い」などといった理由だけでサロンを選んでしまうと、自分が脱毛したい部位に対応していなくて、無駄足になってしまう可能性があります。

 

では、ダンディハウスはどうなのでしょうか?

 

ダンディハウスでは、次の部位の脱毛に対応しています。

 

ひげ(顎ひげ)

 

ダンディハウスの人気コースのひとつに「ひげ脱毛コース」があります。

 

「ひげぐらい自分で剃ればいいじゃないか」と思う人もいるかもしれません。

 

たしかに、ほとんどの男性は、毎朝、電気シェーバーやカミソリなどを使って自分でひげを剃っています。

 

しかし、男性の中には肌が弱く、ひげを剃るとカミソリ負けをして肌が赤くなってしまうことに悩んでいる人がいます。

 

また、朝というのは何かと慌ただしい時間帯でもあるので、ひげを剃るのが面倒だったり、時間がないというケースもあります。自動車通勤をしている人の中には、運転中に携帯型の電気シェーバーでひげを剃っている人もいるほどです。

 

このような人たちにとってひげ脱毛は、カミソリ負けや、ひげ剃りの手間から解放される、大変ありがたいサービスと言えるでしょう。

 

 

昔は、胸毛は男らしさのシンボルとして女性からも好まれるものでした。

 

しかし、時代が変わり、胸毛はどちらかというと嫌われる存在になってしまいました。

 

だからといって、もともと毛量が多く、胸毛がフサフサの人が、世の中の風潮に合わせて自然に毛が薄くなるというものではありません。

 

 

そのため、カミソリや除毛クリームなどを使って自己処理をしている人もいるようですが、これもやはり面倒なものです。

 

そもそも、こうした自己処理は、肌に刺激を与え、肌荒れなどを起こしてしまうことが多くあります。また、カミソリの場合は、手元が狂うと怪我をしてしまう恐れもあります。

 

かといって、一切、処理をしないと、ワイシャツの隙間から見えてしまったりしますし、夏場は人目を気にして薄着になれないといった不都合も生じます。

 

こうしたことから、ダンディハウスでは、胸毛の処理にも対応しています。

 

胸元がスッキリすれば、人の目を気にする必要もありませんから、自由なファッションを楽しむことができます。

 

お腹

 

普段はお腹を他人に見られることはありませんが、夏に海やプールなどに行くときには、どうしても見られてしまうことになります。

 

そのため、夏場だけカミソリや除毛クリームなどで自己処理をしている人がいるようですが、お腹の毛は自己処理すると、かえって濃く見えるようになってしまいます。

 

きちんと処理をしてスッキリしたいなら、お腹の脱毛にも対応しているダンディハウスをオススメします。

 

 

腕の毛というのは、年齢とともに濃くなる傾向があり、若いころは気にならなかったのに、30代40代になってから目立つようになってきたという人が多くいます。

 

もちろん、若いころからもともと毛深くて悩んでいる人も多くいます。

 

このような人は、夏場に半袖のシャツを着ることに抵抗を感じてしまうものです。

 

カミソリや除毛クリームなどで自己処理をしている人も多いようですが、そのようなことをしても、すぐにまた新しい毛が生えてきてしまいます。

 

このようなことを繰り返して、面倒な思いをしているなら、思い切ってダンディハウスでしっかり処理をしてもらったほうがいいでしょう。

 

 

ダンディハウスでは、足を「太もも」「足の甲」「指先」の3つのパーツに分けて、希望する部位を脱毛してもらえます。

 

お腹と同じように足も普段は人に見られることはありませんが、肌の露出が多くなる夏場にはどうしても気になるものです。

 

足のムダ毛が気になって、オシャレなサンダルなども履きこなせないという人は、ぜひ、ダンディハウスで脱毛するといいでしょう。